NVIDIA JetPack SDK は、エンドツーエンドのアクセラレーテッド AI アプリケーション構築のための最も包括的なソリューションです。JetPack SDK は Jetson モジュールと開発者キットをすべてサポートしています。

JetPack SDK には、Linux OS を搭載した Jetson Linux ドライバー パッケージ (L4T) とディープラーニング、コンピューター ビジョン、アクセラレーテッド コンピューティング、マルチメディア用の CUDA-X アクセラレーテッド ライブラリと API が含まれます。またホスト コンピューターと開発者キット向けのサンプル、ドキュメント、開発者ツールも付属しており、ストリーミング ビデオ分析のための DeepStream、ロボティクス向け Isaac といった上位レベルの SDK をサポートしています。

JetPack 4.6.1

JetPack 4.6.1 は最新の製品版リリースで、JetPack 4.6 のマイナー アップデートです。新しい Jetson AGX Xavier 64GB と Jetson Xavier NX 16GB をはじめ、すべての Jetson モジュールをサポートします。JetPack 4.6.1 には TensorRT 8.2、DLA 1.3.7、VPI 1.2 と運用品質の Python バインディングおよび L4T 32.7.1 が含まれます。

JetPack 4.6.1 で追加された機能の一覧については、以下の各セクションをご覧ください。

NGC では、L4T ベースのコンテナーに加えて、JetPack 4.6.1 向けの CUDA ランタイムおよび TensorRT ランタイム コンテナーがリリースされました。

JetPack のインストール

SD カード イメージを使用した方法
NVIDIA SDK Manager を使用した方法

JetPack は Jetson の Debian パッケージ管理ツールを使ってインストールやアップグレードを行うこともできます。ホストにインストールする JetPack コンポーネント用の Debian パッケージもホストしています。手順については JetPack 関連資料 fをご参照ください。

その他のリソース

JetPack の主な機能

OS

NVIDIA L4T はブートローダー、Linux カーネル 4.9、必要なファームウェア、NVIDIA ドライバー、サンプルの Ubuntu 18.04 ベース ファイルシステムなどを提供します。

JetPack 4.6.1 には L4T 32.7.1 が含まれ、以下のような特徴があります。

  • Jetson AGX Xavier 64GB と Jetson Xavier NX 16GB のサポート

TensorRT

TensorRT は画像分類、セグメンテーション、物体検出ニューラル ネットワークのための高性能ディープラーニング推論ランタイムです。TensorRT は NVIDIA の並列プログラミング モデルである CUDA を基盤としており、すべてのディープラーニング フレームワークに対して推論を最適化できます。ディープラーニング推論オプティマイザーおよびランタイムが含まれ、ディープラーニング推論アプリケーションにおける低レイテンシ、高スループットを実現します。

JetPack 4.6.1 には TensorRT 8.2.1が含まれます。

cuDNN

CUDA Deep Neural Network ライブラリはディープラーニング フレームワーク用の高パフォーマンスなプリミティブを提供します。フォワード畳み込み、バックワード畳み込み、プール、正規化、アクティベーション層などの標準ルーチンが高度に調整されて実装されています。

JetPack 4.6.1 には cuDNN 8.2.1

CUDA

CUDA Toolkit は C や C++ の開発者が GPU アクセラレーション対応アプリケーションを開発するための統合開発環境を提供します。このツールキットには NVIDIA GPU 用コンパイラ、Math ライブラリ、アプリケーションのデバッグおよびパフォーマンスの最適化のためのツールが含まれます。

JetPack 4.6.1 には CUDA 10.2が含まれます。

Multimedia API

Jetson Multimedia API パッケージは柔軟なアプリケーション開発のための下位レベルの API を提供します。

カメラ アプリケーション API: libargus はカメラ アプリケーション用の下位レベルのフレーム同期 API を提供します。フレーム単位のカメラ パラメータ コントロール、複数台の (同期を含めた) カメラ サポート、EGL ストリーム出力に対応しています。ISP を必要とする RAW 出力 CSI カメラは libargus または GStreamer プラグインで使用できます。どちらの場合も V4L2 メディアコントローラー センサー ドライバー API を使用します。

センサー ドライバー API: V4L2 API はビデオのデコード、エンコード、フォーマット変換、スケーリング機能を利用できます。エンコード用 V4L2 はビット レート制御、品質プリセット、低レイテンシのエンコード、一時的なトレードオフ、モーション ベクター マップなど多くの機能を利用できます。

JetPack 4.6.1 のマルチメディア関連の注目機能:

  • SVC (Scalable Video Coding) H.264 エンコーディングのサポート
  • YUV444 8/10 ビット エンコーディングおよびデコーディングのサポート

コンピューター ビジョン

VPI (Vision Programing Interface) は PVA1 (Programmable Vision Accelerator)、GPU、CPU 上に実装されたコンピューター ビジョン/画像処理アルゴリズムを提供するソフトウェア ライブラリです。

OpenCV はコンピューター ビジョン、画像処理、機械学習向けの主要なオープン ソース ライブラリです。

VisionWorks2 はコンピューター ビジョン (CV) や画像処理向けのソフトウェア開発パッケージです。

JetPack 4.6.1 には VPI 1.2が含まれます。

  • Python バインディングの運用品質のサポート
  • 複数のストリームを作成して処理の並列化を可能にする Python バインディングでのマルチストリームのサポート
  • VPI Stream での Python スクリプト呼び出しのサポート
  • 新しいアルゴリズム
    • CPU バックエンドと GPU バックエンドでの画像の収縮/膨張アルゴリズム
    • CPU バックエンドと GPU バックエンドでの画像の最小値/最大値特定アルゴリズム

JetPack 4.6.1 には OpenCV 4.1.1 が含まれます。

Jetpack 4.6.1 には VisionWorks 1.6 が含まれます。

1PVA は Jetson AGX Xavier シリーズと Jetson Xavier NX でのみ提供されます。
2JetPack 4.6.x 以降、VisionWorks は含まれません。代わりに、VPI ライブラリをコンピューター ビジョンや画像処理に使用してください。 こちらの発表内容をご覧ください。

開発者ツール

CUDA Toolkit は C や C++ の開発者が CUDA ライブラリを使用して GPU アクセラレーション対応の高性能アプリケーションを開発するための統合開発環境を提供します。このツールキットには Nsight Eclipse Edition、Nsight Compute をはじめとするデバッギングおよびプロファイリング ツール、アプリケーションのクロスコンパイル用ツールチェーンが含まれます。

NVIDIA Nsight Systems はシステム全体を網羅する低オーバーヘッドのプロファイリング ツールで、ソフトウェアのパフォーマンスを分析して最適化するために必要なインサイトが得られます。

NVIDIA Nsight Graphics はグラフィックス アプリケーションのデバッグやプロファイリング用のスタンドアロン アプリケーションです。

JetPack 4.6.1 には NVIDIA Nsight Systems 2021.5 が含まれます。

JetPack 4.6.1 には NVIDIA Nsight Graphics 2021.2 が含まれます。

詳細は リリース ノート をご覧ください。

サポート対象の SDK とツール

NVIDIA DeepStream SDK は AI ベースのマルチセンサー処理やビデオおよび音声理解のための包括的な分析ツールキットです。

DeepStream SDK 6.0 は JetPack 4.6.1 をサポートします。

NVIDIA Triton™ Inference Server を使用すると、AI モデルの大規模な展開が容易になります。Triton Inference Server はオープンソースで、NVIDIA TensorRT、TensorFlow、ONNX Runtime でトレーニング済みの AI モデルを Jetson に展開できます。Jetson では、Triton Inference Server は C API と直接統合するための共有ライブラリとして提供されます。

PowerEstimator はカスタムの電力モード プロファイルを簡単に作成し、Jetson モジュールの消費電力を推定できる Web アプリです。

PowerEstimator v1.1 supports JetPack 4.6.

クラウドネイティブ

Jetson により、コンテナーやコンテナー オーケストレーションなどの クラウドネイティブ テクノロジをエッジで利用できるようになります。NVIDIA JetPack には NVIDIA Container Runtime と Docker 統合が含まれ、Jetson プラットフォーム上で GPU アクセラレーションを活用したコンテナー化されたアプリケーションを実現できます。

NVIDIA NGCでは、Jetson 向けの複数のコンテナー イメージをホストしています。サンプルやドキュメントを使用したソフトウェア開発に適しているものもあれば、実稼働ソフトウェアの展開に適しており、ランタイム コンポーネントのみを含むものもあります。詳細とコンテナー イメージの一覧は、 Cloud-Native on Jetson pageのページをご確認ください。

セキュリティ

JNVIDIA Jetson モジュールにはハードウェア RoT、セキュア ブート、暗号化ハードウェア アクセラレーション、TEE、ディスクとメモリの暗号化、物理攻撃に対する保護などの各種セキュリティ機能が含まれます。セキュリティ機能の詳細については、Jetson Linux 開発者向けガイドのセキュリティに関するセクションでご確認ください。

機能安全

NVIDIA Jetson では、安全に関わるシステム設計の文脈で利用可能なハードウェア エラー診断の基盤へのアクセスを提供することで、機能安全の担保に取り組んでいます。 Jetson Safety Extension Package (JSEP) は安全機能の実装と機能安全標準の遵守達成のためのエラー診断とエラー報告フレームワークを提供します。詳しくは こちらをご覧ください。


サンプルやドキュメントの一覧は JetPack 関連資料をご参照ください。

旧バージョンの JetPack については、 JetPack アーカイブをご覧ください。