NVIDIA Jetson の各モジュールは同じ NVIDIA のソフトウェア スタックでサポートされているため、一度開発すればあらゆる場所に展開できます。JetPack SDK には、Linux OS を搭載した最新の Linux ドライバー パッケージ (L4T) と、エッジ AI アプリケーション開発用の CUDA-X アクセラレーテッド ライブラリおよび API が含まれています。また、ホスト コンピューターと開発キットの両方に対応したサンプル、ドキュメント、開発者ツールも付属しており、ストリーミング ビデオ分析のための DeepStream、ロボティクス向け Isaac といった上位レベルの SDK をサポートしています。

NVIDIA JetPack SDK は、AI アプリケーションを構築するための最も包括的なソリューションです。TensorRT、cuDNN、CUDA ツールキット、VisionWorks、GStreamer、OpenCV などの Jetson プラットフォーム ソフトウェアをバンドルしており、すべて LTS Linux カーネルを用いた L4T 上に構築されています。

JetPack には、NVIDIA コンテナー ランタイムが含まれており、クラウドネイティブ テクノロジとエッジでのワークフローを可能にします。

JetPack SDK     Jetson のクラウドネイティブ

NVIDIA L4T は、Jetson プラットフォーム向けに Linux カーネル、ブートローダー、NVIDIA ドライバー、フラッシング ユーティリティ、サンプルのファイルシステムなどを提供します。

L4T ソフトウェアは、プロジェクトのニーズに合わせてカスタマイズできます。Jetson 製品のすべての機能を最大限に活用するには、プラットフォームの導入および利用ガイドをご参照ください。最新のソフトウェア ライブラリ、フレームワーク、ソース パッケージは、以下のリンクから入手できます。

L4T

NVIDIA の DeepStream SDK は、AI ベースのマルチセンサー処理、ビデオおよび画像理解のためのストリーミング分析ツールキット一式を提供します。DeepStream は、ピクセル データやセンサー データを実用的なインサイトに変換するエンドツーエンドのサービスやソリューションを構築するためのプラットフォーム、NVIDIA Metropolis に不可欠な部分です。最新バージョン 5.0 の開発者プレビュー機能については、開発者向けニュース記事 をご覧ください。

DeepStream

NVIDIA Isaac SDK を使用すると、開発者が AI 搭載ロボットを簡単に作成、展開できます。この SDK には、Isaac Engine (アプリケーション フレームワーク)、Isaac GEMS (高性能ロボティクス アルゴリズムを含むパッケージ)、Isaac Apps (リファレンス アプリケーション)、ナビゲーション用の NVIDIA Isaac Sim (強力なシミュレーション プラットフォーム) が含まれています。これらのツールや API を使用すると、認識機能やナビゲーション機能用の人工知能 (AI) を簡単にロボットに組み込んで、ロボット開発を加速できます。

Isaac


開発者ツール

Jetson プラットフォーム向け開発者ツールについては Develop → Tools でご確認ください。