Colleen Ruan

2012 年と 2015 年に京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻の修士課程と博士課程を修了後、京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンターでポスドク研究員として機械学習を用いてタンパク質相互作用の研究を行う。2016 年に産業技術総合研究所人工知能研究センター機械学習チームで特定研究員としてゲノム データと医療画像解析の研究を行う。2017 年にディープラーニング ソリューション アーキテクトとして NVIDIA に入社し、現在はヘルスケア分野のシニア ソリューション アーキテクトを担当して、医療機器とライフサイエンス領域でAI/GPU 技術支援を提供しながら、医療および創薬 AI の研究に取り組んでいる。

Posts by Colleen Ruan

Generative AI

BioNeMo Framework を使って最新のタンパク質言語モデルを作成する簡単な方法

NVIDIA が提供している、創薬のための生成 AI モデル開発向けのフレームワークを活用した、大規模タンパク質モデルの事前学習、ファインチューニングと推論の方法について解説します。 3 MIN READ